ペイロニエ病 (PD) は、陰茎にコラーゲンが蓄積し、はん痕を形成し、勃起状態で変形ととう痛を生じる疾患である。この病気は男性の1〜8%に影響を及ぼす。ペイロニエ病に対する新しい併用療法の可能性を、ペイロニエ病に対するペイロニエの治療に向けて、ペイロニエを用いた新しい併用療法の可能性を発表した。今や泌尿器科医、患者、保険会社は、ペイロニエ病の治療にコラゲナーゼや手術に代わる費用効果の高い選択肢を持つかもしれない。2013年、米国食品医薬品局はコラゲナーゼ (CCH)...

続きを読む