2019年ペニス牽引器具はぺイロニー病治療に使用されるコラゲナーゼの使用を減少させるということを2019年5月、ドクター・エドゥアルド・ゴメス・デ・ディエゴ、ドクター・ロメロ-オテロらによって性医学雑誌ジャーナル・オブ・セクシャル・メディスンにぺイロニー病の臨床研究に基づいた新しい治療法として発表されました。

本研究の目的は、ペイロニー病(PD)の治療におけるクロストリジウムヒストリチカム(CCH)のコラゲナーゼとペニス牽引器具(PTD)の使用による、マドリッド(スペイン)の大学病院泌尿器科の調査結果を示すことです。

研究方法は、ペロニー病と診断された患者を収集し、2つの治療法(コロナーゼとペニス牽引器具)を2箇所の医療センター治療することです。調査を受けた患者は、18歳以上、触診可能な線維症のプラーク、30度を超える陰茎の湾曲、および性交時の妨げられていた患者たちで、調査前にペニス牽引器具の適切な使用法の説明をうけています。

医師はすべての人口統計学的データ、IIEF-5およびPDQスコア、併存疾患、症状が現れてからの経過時間を収集し、Kelamiテストで陰茎の湾曲を評価しました。医師は線維症斑の重度の石灰化を伴う患者は除外しています。

臨床試験では、患者は最大4サイクルを受け、各サイクルは24〜72時間のコラゲナーゼの2回の注射、それに続く6週間の手動モデリングでは最低4時間のペニス牽引器具の使用しました。 サイクル後に改善が見られない場合、医師は治療を中止するか、曲率が30°以下になるまで、または残りの湾曲を患者が管理することができるまで治療をを続けました。

臨床試験の結果:63名の患者のデータを使用しました。4人がテストを続けることができず、59人の患者が1サイクルを受け、41人が2サイクルを受け、15人が3サイクルを受け、そして4人が4サイクルを受けました。治療終了時の平均曲率は36ºで、-24º(-40%)の減少でした。 また、15人の患者が追加の外科的治療を必要とした(7件の移植手術または8件の縫縮術)。平均サイクル数は2でした。

臨床試験の結論、ペニス牽引器具とコラゲナーゼの併用は、ペロニー病を治療するためのコラゲナーゼのサイクル数を減らすのに有用であり、文献と同様の結果を達成し、そして治療の費用効率を改善もします。

リンク: https://www.andromedical.com/ja/andropeyronie/%e7%a0%94%e7%a9%b6/ 

andropenis gold penis extender
andropenis premium logo

価格 14800円。送料無料

Pin It on Pinterest