ペイロニエ病(PD)は、陰茎にコラーゲンが蓄積し、はん痕を形成し、勃起状態で変形ととう痛を生じる疾患である。この病気は男性の1〜8%に影響を及ぼす。ペイロニエ病に対する新しい併用療法の可能性を、ペイロニエ病に対するペイロニエの治療に向けて、ペイロニエを用いた新しい併用療法の可能性を発表した。今や泌尿器科医、患者、保険会社は、ペイロニエ病の治療にコラゲナーゼや手術に代わる費用効果の高い選択肢を持つかもしれない。

2013年、米国食品医薬品局はコラゲナーゼ(CCH)の治療に関する使用を承認した。コラゲナーゼはコラーゲンのペプチド結合を切断する酵素であるが、医学的研究では陰茎の曲率の33%の補正に限られていた。2013年、Martínez-Salamanca博士(スペイン)がペイロニー病の急性期治療のためにアンドロペイロニーと呼ばれる陰茎牽引装置を用いて病院調査を行い、48%の患者でプラークの超音波消失に伴う曲率の60%の補正を達成した。2015年、米国泌尿器科学会はペイロニー病に対し、コラゲナーゼ療法と陰茎「リモデリング」を組み合わせた治療を勧めている。 ペイロニーのプラークリモデリングは、陰茎を徒手的に伸ばすか、陰茎牽引装置(PTD)を用いて1日数時間ソフトプログレッシブ力を加えることで行う。

2018年にTerlecki博士(米国)はPeyronie病に対する自己血小板豊富血しょう(PRP)の使用に関する臨床研究を発表した。PRPは全血の遠心分離から得られる。血小板は、増殖因子、サイトカイン、ケモカインの分泌を介して、組織修復、血管リモデリング、炎症、免疫反応に重要な役割を果たしていることを示唆した。1〜8回の平均2回の注射を超音波ガイダンス下に被膜プラークに直接投与した。臨床研究

Peyronie病の病態は、組織破壊による炎症の増加と、線維化プラークを生じる創傷治癒の異常を伴う。現在、炎症過程やPDを起こす異常な創傷治癒を標的とした治療法はない。さらに、機械的操作やコラゲナーゼ注入による線維化プラークの破壊に焦点を当てた治療は、損傷組織の適切な創傷治癒や再生には適さない。PRFMの注射は針骨折を介してプラークの機械的破壊を組み合わせ、同時に破壊性炎症過程を中和し、より良い創傷治癒反応を促進し、破壊されたプラークを安定化させる。

2013年にオーストラリアのDr.Chungは陰茎牽引装置の作用機構に関する科学的研究を発表し、機械的ストレスの適用が機械的刺激を細胞増殖の活性化に導く化学的応答に変換する細胞過程であるメカノトランスダクションを介して細胞機能を調節することを示した。2019年にRomero-Otero博士(スペイン)はペイロニエ病患者において陰茎牽引装置の使用がコラゲナーゼのサイクルの必要性を減らすことを示す臨床研究を発表した。臨床研究

泌尿器科の世界は急速に進み、創傷治癒と組織再生を期待し、陰茎牽引療法と血小板豊富な血しょうとの併用療法が多くの臨床で有望に使われ始めている。ペイロニエ病の新しい治療選択肢が開かれ、患者、泌尿器科医、保険会社に恩恵がもたらされています。PTDによるPRPの治療は副作用のない有効な治療であり、医院で容易に行え、他の治療法や手術に代わる費用効果の高い治療法である。

メーカーからの特別オファー

andro-peyronie extender device premium
andro peyronie premium logo

価格 14800円。送料無料

Pin It on Pinterest